月下舎


  凹工民

手シゴトshopへようこそ


両手に負えるだけの土から生まれた陶モノたち …

カップ・コーヒードリッパー・ミニスプーン・花器・陶額・オブジェなど、一つひとつ手作りした一点モノをiichi-shopにて販売しております。

当shopは記念品・賞品などにご利用いただける商品のオーダー制作を中心に運営しております。ご入用の際はお問合せフォームよりお気軽にご相談ください。

凹凸工民は手仕事ならではの温もりが伝わるモノづくりを心がけております。お気に召す一品があれば幸いです。


凹凸工民 メンバー


緑人-rokuo  緑窯主

 

美術教師として高校で教鞭をとる傍ら、陶芸を学び窯を開きました。忙しない日常の中にあっても、土と向き合い造形する喜びが活動の原動力になっています。教え子たちから学ぶことも多く、ハッとさせられる瞬間が楽しいです。

「くらしの中の器」をテーマに、普段づかいの食器や花器を作っています。

 

 


ゅ画人-yugajing.

 

日本画をこよなく愛する洋画家です。絵付けへの関心から作陶領域へと入っていきましたが、空を描いている時が一番心地良いです。広い空の一部を切り取り平面体に納めていると、自分にとって絵を描くということは、誰かの部屋のもう一つの窓を作ることなのかもしれないと思えてきます。絵付けを中心として陶額、花器、オブジェ等を制作しています。

 

 


月人-tsukindo  月下舎

 

石印彫刻から陶印と出会い、彫るために土をこねて固めて焼くという作業を繰り返しているうちに、陶器作り(立体)へと興味の比重が傾いていきました。何故かいつも月が恋しく、宵がはじまるとつい月を探してしまいます。手びねりによるドリッパー、陶額、オブジェ等、月をモチーフにしたモノづくりが多くなるワケです。